読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の記録と記憶、

日本国内、東西南北、処々方々を巡る、

平成日本紀行(179) 浜田 「石州瓦」

「日本の世界遺産の旅の記録」へリンクします 平成日本紀行(179) 浜田 「石州瓦」 . 浜田の石州瓦屋根が並ぶ町並み風景 石州瓦は、冬の風雪に耐えながら、この地方独特の風情と景観を醸し出している・・、特に、島根県に入って目に入ったものは、海の青、山…

平成日本紀行(179) 浜田 「会津屋八右衛門」

平成日本紀行(179) 浜田 「会津屋八右衛門」 , 道の駅・「夕日パーク浜田」から望む浜田港 江戸期、商人・会津屋の密貿易で浜田藩は窮乏から脱したという。 即ち、会津屋は藩の恩人であった。 だが、幕府の罪人でもあった。?、山間の三隅町から再び海岸へ出…

平成日本紀行(179) 浜田 「会津屋八右衛門」

平成日本紀行(179) 浜田 「会津屋八右衛門」 , 道の駅・「夕日パーク浜田」から望む浜田港 江戸期、商人・会津屋の密貿易で浜田藩は窮乏から脱したという。 即ち、会津屋は藩の恩人であった。 だが、幕府の罪人でもあった。?、山間の三隅町から再び海岸へ出…

平成日本紀行(177) 益田 「柿本人麿呂」

平成日本紀行(177) 益田 「柿本人麿呂」 . 高津柿本神社(益田市)と柿本人麿呂像 「足日木乃 山鳥之尾乃 四垂尾之 長永夜乎 一鴨將宿」・・?、阿武町から須佐町、田万川町は海岸にへばりつく様に、鉄路(山陰本線)と道路が並行して走る。 午前の頃、モヤ…

平成日本紀行(176) 萩 「村田清風」

平成日本紀行(176) 萩 「村田清風」 、 萩城址と指月山公園 「 来て見れば 聞くより低し 富士の山 釈迦や孔子も かくやあるらん 」 清風萩城・毛利藩は1604年(慶長9年)萩城建造に着手して以来、幕末の1863年(文久3年)、時の藩主・毛利敬親が幕府に無許可…

平成日本紀行(176) 萩 「長州・毛利氏」

平成日本紀行(176) 萩 「長州・毛利氏」 , 旅の記録;「日本一周」へリンクします『 一年の計は元旦にあり、 一月の計は朔(ついたち)にあり、 一日の計は鶏鳴にあり』・・、萩の歴史の本山・「萩城址」へ向かう。 町の西の端から今度は、東の端の位置にあ…

平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(6)

平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(6) . 吉田松陰像(山口県文書館蔵) 旅の記録;「日本一周」へリンクします吉田松陰の基本思想と松下村塾の関わり・・、安政6年(1859年)、松蔭は老中暗殺計画を自供して自らの思想を語り、江戸伝馬町の獄において斬首…

平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(5)

平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(5) , 吉田松陰像(山口県文書館蔵) 旅の記録;「日本一周」へリンクします『 身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂 』 松蔭松蔭は、萩の獄舎で囚われの身となっているが・・、 「野山獄」は現在の…

平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(4)

平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(4) . 吉田松陰像(山口県文書館蔵) 旅の記録;「日本一周」へリンクします 「雲外の鶴 籠の中の鶏」・・、松蔭は、下田沖でペリーの艦隊に潜入し、密航を図ったがペリーに良心的に拒否され、身柄を拘束された。 その後…

平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(3)

平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(3) 、 下田市柿崎の弁天島に立つ吉田松陰と金子重輔の像(下田市提供) 『 かくすれば かくなるものと 知りながら やむにやまれぬ 大和魂 』 松陰1854年、日米和親条約を締結したペリー提督は下田に回航し、条約を…

平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(2)

平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(2) 、 吉田松陰 旅の記録;「日本一周」へリンクします「松下村塾」は、叔父・玉木文乃進が創設し、吉田松陰に引き継がれる・・、吉田松蔭は東北見聞旅行の前に、三浦半島の浦賀や久里浜を探索している。 松蔭は、浦賀…

平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(1)

平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(1) 、 吉田松陰の松下村塾 松下村塾の講義室 旅の記録;「日本一周」へリンクします罪人にして尚、虫のいいことに松蔭は更に「外遊就学願」を出している・・、今度は西の町外れ、その名も「松蔭大橋」の松本川を越えた…

平成日本紀行(176) 萩 「萩城下」 

平成日本紀行(176) 萩 「萩城下」 、 高杉晋作旧邸 旅の記録;「日本一周」へリンクします「動けば雷電の如く 発すれば風雨の如し」と 、博文が晋作のことを詠んだ・・、国道191が長門から三隅に至る頃は、山間の緑濃き道となる。 山中深く大きく弧を描くよ…

平成日本紀行(175)長門 「温泉寺・大寧寺」

平成日本紀行(175)長門 「温泉寺・大寧寺」 . 、 「西の高野」と言われたほど隆盛を極めた重厚な大寧寺(本堂) 境内に眠る大内主従の墓 「日本一周の旅の記録」へリンクします 「大寧寺」は戦国の雄、大内氏と領主・義隆の終焉の地・・、長門市の街並みは、…

平成日本紀行(174) 仙崎 「若き天才詩人 金子みすず」

平成日本紀行(174) 仙崎 「若き天才詩人 金子みすず」 、 仙崎出身の「金子みすゞ」 生家跡に建てられた金子みすゞ記念館 旅の記録;「日本一周」へリンクします 東日本大震災後にテレビで放送された、社団法人「ACジャパン」のCMが話題を呼んだ。 CMに使わ…

平成日本紀行(174) 仙崎 「青海島の捕鯨」

日平成本紀行(174) 仙崎 「青海島の捕鯨」 . 青海島の風光明媚な北海岸 「日本一周の旅の記録」へリンクします 捕鯨基地・青海島は、鯨に人間と同じように法名(戒名)を付け、鯨の供養塔や過去帳を残している・・、国道9号線は京都から、ここ下関駅まで640k…

平成日本紀行(173) 下関 「馬関戦争」

平成日本紀行(173) 下関 「馬関戦争」 . みもすそ公園に大砲が四門据ている。(馬関戦争は、藩が攘夷決行として馬関海峡を通過するアメリカ商船を攻撃したことに端を発する。) 旅の記録;「日本一周」へリンクします 幕末の思想は「尊王攘夷」であり、事件…

平成日本紀行(173) 下関 「巌流島」

平成日本紀行(173) 下関 「巌流島」 、 下関海峡にある巌流島(船島) 巌流島の決闘シーンの像(船島にて展示) 巌流島は、敗れた佐々木小次郎の流派・「巌流」からその名が起こった・・、下関海峡の彦島(ひこしま・ 下関市の南端にある島で、彦島本島のほ…

平成日本紀行(173) 下関 「本州西端の都市」 

平成日本紀行(173) 下関 「本州西端の都市」 、 下関ユースホステルと愛車 本州最西端の都市・下関は古代から近代まで華やかな歴史に彩られていた・・、高速道・下関I・Cを下りて、とりあえず今夜の宿泊所を訪ねてみた。 海峡に面した「火の山」という小山の…

平成日本紀行(173) 下関 「壇ノ浦」(2)

平成日本紀行(173) 下関 「壇ノ浦」(2) 、 写真:関門海峡に面した「みもすそ公園」にある源義経(左)と平知盛の動的な両勇姿像 写真(下):平家一門を祀った「赤間神宮」 旅の記録;「日本一周」へリンクします『 祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)の鐘の声…

平成日本紀行(173) 下関 「壇ノ浦」

平成日本紀行(173) 下関 「壇ノ浦」 、 壇ノ浦(関門海峡)での合戦模様「義経像」 旅の記録;「日本一周」へリンクします関門海峡・長門の浦・「壇ノ浦」で最後の決戦が行われる・・! 、夕べは、帰館してから泊り客で、旅の途中でもある若者達と暫し談笑し…

平成日本紀行 北九州門司 「ヘッドライト・テールライト」

平成日本紀行 北九州・門司 「ヘッドライト・テールライト」 , 夜の関門橋(フリー写真) 大分の中津から東九州自動車で一気に九州を北上する。 夕景の平尾台を左に、そして,暫くすると右手に、黄昏に煌々と光を放って海上に浮かぶ「北九州空港」が見え隠れ…

平成日本紀行(172) 中津 「中津城」

平成日本紀行(172) 中津 「中津城」 . 写真:中津城(天守閣は昭和39年に建設されたもの) ビッコの軍師・「黒田官兵衛」が中津の礎(いしずえ)を造った・・、山国川河口には、壮麗優美な「中津城」が立つ。 築城の名手といわれた黒田如水が、心血を注いで…

平成日本紀行(172) 中津 「耶馬溪」

平成日本紀行(172) 中津 「耶馬溪」 , 耶馬溪の紅葉 本耶馬溪の山国川に架かる「八連の石橋」(オランダ橋) 旅の記録;「日本一周」へリンクします頼山陽(らいさんよう・江戸後期の歴史家、漢詩人、文人で芸術にも造詣が深い)が「耶馬溪山・天下無双」と…

平成日本紀行(171) 宇佐 「八幡宮と東大寺」

平成日本紀行(171) 宇佐 「八幡宮と東大寺」 , 宇佐八幡宮 奈良の東大寺 旅の記録;「日本一周」へリンクします 宇佐神宮と大和・東大寺は「神仏習合」の元祖であった・・、時は下って、奈良朝における宇佐神宮創建(725年)の頃、45代天皇に即位した聖武天…

平成日本紀行(171) 宇佐 「宇佐八幡と応神天皇」 

平成日本紀行(171) 宇佐 「宇佐八幡と応神天皇」 、 宇佐八幡・本殿部分 (HPより) 旅の記録;「日本一周」へリンクします神社の数のランキングは1位・稲荷神社、2位・八幡神社、3位・神明神社・・、日本で一番多くある神社はご存知「お稲荷さん」である…

平成日本紀行(171) 宇佐 「宇佐神宮の祭神」

平成日本紀行(171) 宇佐 「宇佐神宮の祭神」 、 写真:宇佐神宮拝殿(三社祈祷殿)、この奥に八幡造りの本殿が鎮座する 旅の記録;「日本一周」へリンクします宇佐神宮の主祭神である比売大神は、「女王・卑弥呼」であった・・?、さて、祭神は左社殿(写真…

平成日本紀行(171) 宇佐 「宇佐神宮・参道界隈」

平成日本紀行(171) 宇佐 「宇佐神宮・参道界隈」 、 宇佐神宮・参道鳥居 旅の記録;「日本一周」へリンクします全国八幡宮の総元締・「宇佐八幡宮」は、国東半島・六郷満山仏教の源流でもあった・・、宇佐I・Cから案内板に従って「宇佐神宮」へむかう。 ナビ…

平成日本紀行(170) 安心院 「一柱騰宮・妻垣神社」 

平成日本紀行(170) 安心院 「一柱騰宮・妻垣神社」 、 写真:一柱騰宮の案内標柱 「安心院」と書いて“あじむ”と読む、この地は「宇佐」の下院でもある・・、津久見の町外れから高速道が繋がっている。 近年繋がったと見えて、真新しい「東九州道」であった。…

平成日本紀行(169) 津久見 「大友宗麟」

平成日本紀行(169) 津久見 「大友宗麟」 、 津久見駅の大友宗麟像 旅の記録;「日本一周」へリンクします津久見は、大友宗麟の最後の居住地であり、終焉の地でもあった。向かう道路は番匠大橋で国道10号線と別れ、佐伯市内は海岸沿いの国道217号線となってい…

平成日本紀行(168) 佐伯 「豊後・佐伯の荘」

平成日本紀行(168) 佐伯 「豊後・佐伯の荘」 . 写真:佐伯を代表する三の丸・櫓門の威容 旅の記録;「日本一周」へリンクします秀吉子飼の毛利高政が、現在の「佐伯」の基礎を形造った・・、北川町の道の駅、「北川はゆま」で一寸遅い食事をとる。 ところで…

平成日本紀行(167) 九州山地 「椎葉村」

平成日本紀行(167) 九州山地 「椎葉村」 . 椎葉村 平家祭り;http://www.vill.shiiba.miyazaki.jp/promote/2014/10/post_26.php 旅の記録;「日本一周」へリンクします次に、日向・宮崎の山村で椎葉、米良、南郷地方について・・、「椎葉」は、九州山地の中…

平成日本紀行(166) 延岡 「延岡版・西南の役」

平成日本紀行(166) 延岡 「延岡版・西南の役」 , 写真:北川・表野の児玉熊四郎邸(西郷隆盛宿陣跡資料館)の西郷の最後の軍議の様子 旅の記録;「日本一周」へリンクします可愛岳周辺は、「西南の役」における西郷軍の最後の激戦地であり、退却地でもあった…

平成日本紀行(166) 延岡 「可愛山陵」

平成日本紀行(166) 延岡 「可愛山陵」 , 「日本一周の旅の記録」へリンクします 可愛岳(えのたけ)は天孫・ニニギノミコトが降臨した後の陵墓を安置する山であった・・、日南海岸の青島より美々津に至る海岸は、約60kmにわたっては直線状をなした美しい砂浜…

平成日本紀行(166) 延岡 「藩主・内藤家」

『九州紀行』は以下にも記載してます(主に写真主体) 「九州紀行」; http://orimasa2009.web.fc2.com/kyusyu.htm 「九州紀行」; http://sky.geocities.jp/orimasa2010/ . 平成日本紀行(166) 延岡 「藩主・内藤家」 , 写真:鎌倉材木座「光明寺」の歴代内…

平成日本紀行(165)日向 「美々津」

『九州紀行』は以下にも記載してます(主に写真主体) 「九州紀行」; http://orimasa2009.web.fc2.com/kyusyu.htm 「九州紀行」; http://sky.geocities.jp/orimasa2010/ . 平成日本紀行(165)日向 「美々津と神武天皇」 , 美々津に鎮座する立磐神社 旅の記…

平成日本紀行(165)日向 「耳川の戦い」

『九州紀行』は以下にも記載してます(主に写真主体) 「九州紀行」; http://orimasa2009.web.fc2.com/kyusyu.htm 「九州紀行」; http://sky.geocities.jp/orimasa2010/ 平成日本紀行(165)日向 「耳川の戦い」 古戦場であった今の耳川 「日本一周の旅の記…

平成日本紀行(164) 佐土原 「泉光院・旅日記」

平成日本紀行(164) 佐土原 「泉光院・旅日記」 , 石川英輔著 『泉光院・江戸旅日記』の本 「日本一周の旅の記録」へリンクします 「厳重を極めたといわれる箱根の関所も、江戸後期ともなると、」 野田泉光院の『日本九峰修行日記』より、 泉光院は文化9年9月…

平成日本紀行(164) 佐土原 「野田泉光院」

平成日本紀行(164) 佐土原 「野田泉光院」 , (クリック大) 佐土原町上田島の大光寺にある野田泉光院の墓(市指定 史跡;宮崎市提供) 旅の記録;「日本一周」へリンクします「野田泉光院」は、西の松尾芭蕉とも呼ばれていて・・、鎌倉末期の1335年、領主・…

平成日本紀行(164) 佐土原 「佐野原聖地」

平成日本紀行(164) 佐土原 「佐野原聖地」 、 「日本一周の旅の記録」へリンクします 佐土原は、神武天皇の幼少時の名前・「サノハルノミコト」から起こった・・! 、一旦、一ッ葉道路に戻って間もなくすると海岸から離れて10号線に合流する。 ここは既に佐…

平成日本紀行(163)宮崎 「神武天皇」

平成日本紀行(163)宮崎 「神武天皇」 , 写真:宮崎神宮、神門より拝殿 【神武天皇の譜系】 旅の記録;「日本一周」へリンクします「宮崎神宮」は、地元では親しみを込めて「神武(じんむ)さま」と呼ばれていて、神倭磐余彦命(カムヤマトイワレヒコノミコト…

平成日本紀行(163)宮崎 「宮崎神宮」

平成日本紀行(163)宮崎 「宮崎神宮」 , 参道と神門 宮崎神宮、拝所とその奥が拝殿 拝殿の「神武天皇」の扁額、 「日本一周の旅の記録」へリンクします 神武天皇を祀る宮崎神宮・・、一ッ葉道路は、国道10号の交通渋滞を解消するバイパスとして主に海岸を北上…

平成日本紀行(162) 都城 「母智丘の巨石」

.『九州紀行』は以下にも記載してます(主に写真主体) 「九州紀行」; http://orimasa2009.web.fc2.com/kyusyu.htm 「九州紀行」; http://sky.geocities.jp/orimasa2010/ 平成日本紀行(162) 都城 「母智丘の巨石」 . 「日本一周の旅の記録」へリンクします…

平成日本紀行(162) 都城 「母智丘の巨石」

平成日本紀行(162) 都城 「母智丘の巨石」 . 「日本一周の旅の記録」へリンクします 母智丘は巨石文化の跡・・? 、先ず、九州南部の火山について・・、 九州南端の鹿児島から、大分県南部を含む九州中央部まで、これらの地域の地表面から深さ10~70cm付近に…

平成日本紀行(157) 宮崎 「天孫降臨の地」

『九州紀行』は以下にも記載してます(主に写真主体) 「九州紀行」; http://orimasa2009.web.fc2.com/kyusyu.htm 「九州紀行」; http://sky.geocities.jp/orimasa2010/ 平成日本紀行(157) 宮崎 「天孫降臨の地」 . 高千穂峰 高千穂牧場から望む 宮崎県の…

平成日本紀行(157) 宮崎 「神話と古代史」

平成日本紀行(157) 宮崎 「神話と古代史」 . 旅の記録;「日本一周」へリンクします「くだらない」の語源は、「百済のではない」からきていると言われる・・?・、山彦・海彦の神話 日本神話と日本の古代史とは、かなりの関連性があるのは必定であろう。 例…

平成日本紀行(157) 宮崎 「古事記と神代の譜系」(2)

. 平成日本紀行(157) 宮崎 「古事記と神代の譜系」(2) , イザナキ、イザナミからイワレヒコ(神武天皇)までの「神々の譜系」 「日本一周の旅の記録」へリンクします ニニギの降臨からカムヤマトイワレビコ(神武天皇)の誕生まで・・! 、天孫降臨から神武…

平成日本紀行(157) 宮崎 「古事記と神代の譜系」(1)

. 平成日本紀行(157) 宮崎 「古事記と神代の譜系」(1) 、 【神々の譜系】 、 「日本一周の旅の記録」へリンクします 日本神話における神々の譜系と天孫降臨・・ 、宮崎の特異な海岸に鎮座する「青島神社」や「鵜戸神宮」を参拝するに及んで、この神宮の主祭…

平成日本紀行(157) 宮崎 「青島」

『九州紀行』は以下にも記載してます(主に写真主体) 「九州紀行」; http://orimasa2009.web.fc2.com/kyusyu.htm 「九州紀行」; http://sky.geocities.jp/orimasa2010/ . 平成日本紀行(157) 宮崎 「青島」 , 「鬼の洗濯板」と言われる海食岩盤 弥生橋と青…

平成日本紀行(156)日南 「鵜戸神宮」(写真集)

平成日本紀行(156)日南 「鵜戸神宮」(写真集) 鵜戸神宮境内略図(鵜戸神宮提供) ①吾平山陵 ②御本殿 ③お乳岩 ④お乳水 ⑤霊石亀石 ⑥八丁坂 ⑦別当墓地 ⑧社務所 ⑨儀式殿 ⑫磨崖仏 ⑬千鳥橋 ⑭玉橋 ⑮神門 ⑯楼門 ⑰鵜戸千畳敷奇岩 ⑱山窟前の嚴岩 ⑳鵜戸ヘゴ北限自生…